なぱんのブログ

ママの学習ダイアリー♪(MS Office・簿記・プログラミングなど)&発達障害の子といっしょ。

【MOS⓪】MOS(マイクロソフトスペシャリスト)について

MOSは、Word、ExcelPowerPointAccessOutlookなどのオフィスのパソコンの技能を評価する試験で全国で受験することが出来ます。

試験時間は一科目50分、パソコン上で行われるCBT試験です。

試験としては難易度は高くありませんが、他の資格試験と比較すると検定料がちょっとお高めです。

最新のMOS365&2019の場合、

一般 一科目 9800円

上級 一科目 11800円 (税抜) 学割あり
          
詳しくは MOS公式サイトへ。

テキスト、問題集を購入すると1科目5000円くらいになります。結構な出費です。

もちろんマイクロソフトオフィスをインストールしたパソコンも持っていなければ勉強できません。ちなみに、マイクロソフトオフィス365は、クラウドで利用できるサブスクのアプリケーションです。

日常的にマイクロソフトオフィスを使っている方であれば、WordとExcelの基礎、PowerPointはテキストを一度こなせばほぼ合格できるかと思います。

マイクロソフトオフィスの操作は似通っていますので、Word、Excelを勉強した後では、PowerPointはむしろ容易な印象でした。

Accessはデータベースのアプリケーションで、私は実務で使ったことがなかったので、少し難しいと感じました。

Outlookは受験していなので難易度はわからず^_^;


Outlookは使っていましたが、使いこなせないのは勉強してなかったからかもしれません)

マイクロソフトオフィスはお仕事を効率よくするためのツール。MOSは職場からの指示で受験したりする方も多いのではないでしょうか。

普段オフィスを使っている方には腕試しやブラッシュアップによいと思います。

f:id:napan:20200807095455p:plain




私の経験はハイスペックな方にはあまり参考にならないと思いますが、少しお話させて下さい。

東北の田舎(一応県庁所在地)に住んでいて、主に官公庁の事務のパートを転々としていましたが、MOSを持っていることで有利に働いたこともあります。

同僚の臨時職員の方には、以前は製造業で勤めていて職訓練所で訓練を受けてきた方がいて、そういう方はPC操作に慣れている印象でした。

このMOS職業訓練所の会計事務を学ぶコースなどで、簿記と共に積極的に教えられています。ここでは、ほぼ未経験の生徒さんがMOSの取得を目指してタイピングから勉強しています。

今就職活動中で余裕のある方は、一定の条件はありますが、職業訓練所で受講するというのもオススメです。

生活が困窮している家庭には一定の手当も出るようです。しかし、欠席に対してとても厳しいのでやり通す覚悟も必要です。

まったくパソコンを触ったことがない、苦手だという方は独学よりもスクールで基礎から教わってMOSに挑戦することをお勧めします。

すでに学校でも情報系の授業で習いますので、ExcelやWordは出来て当たり前の時代。

事務系でない求人でも、パソコン操作としてWordとExcelの出来る人が求められています。

独学やスクールなど自分に合った方法でぜひMOSにトライしてみてはどうでしょうか。

なぱん(^_^)/~

 

にほんブログ村 資格ブログへにほんブログ村 にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へにほんブログ村