なぱんのブログ

ママの学習ダイアリー♪(MS Office・簿記・プログラミングなど)&発達障害の子といっしょ。

【初心者のアラフィフがプログラミングを始めてみたら】プログラミング学習用アプリ”Swift Playgrounds ”にトライ♪

f:id:napan:20201001185727j:plain

 

こんにちは♪なぱんです😊

 

随分涼しくなってきましたね🍁

 

勉強しやすくなってきたな~と思う反面、半端ない睡魔に襲われているなぱんですw

 

なぱん、アラフィフのおばちゃんですが、アプリが作りたいと思い立ち、プログラミングの勉強を始めました。

 

napan-blog.net

 

今、iPhoneのアプリを開発するためのプログラミング言語Swift(スウィフト)を学習中です。

 

Appleが提供しているSwiftの学習用アプリ『Swift Playgrounds』を利用して、えっちらおっちら学習しています。

 

Playgroundsとは遊び場のことで、Swift Playgroundsでは、Swiftで遊べるたくさんの遊び場が用意されています。

 

Swift Playgroundsは、本格的なコードを楽しく学習することができる素晴らしいアプリで、スキルをステップアップして、さらに応用していくこともできます。

 

コードは英語ですが、スマホの予測変換のように選択することができて、説明は日本語もあるので、子供でもトライすることができますよ。

 

初心者のなぱんが『Swift』学習用アプリ『Swift Playgrounds』について簡単にまとめてみました♪😊

 

 

アプリを作るプログラミング言語は何?

 

f:id:napan:20200911194138j:plain
なぱん

アプリを作るプログラミング言語は何?

 

調べたところ、Androidのアプリを作るにはJava

 

iPhoneのアプリの開発にはobjective CやSwift(スウィフト)というプログラミング言語を使います。

 

f:id:napan:20200911194138j:plain
なぱん

iPhoneのアプリを作りたいから、Swiftを学習しよう!

 

Swiftは、とても新しいプログラミング言語です。

 

それ以前はアプリを作るためには、objective Cを使っていたそうです。

 

これからは将来性のあるSwiftを学習するのがお勧めと書籍『プログラミング入門講座』にもあり、

 

Swiftを勉強することに決めました

 

プログラミング言語『Swift(スウィフト)』

 

Swiftは2014年にAppleが発表した、とても新しいプログラミング言語です。

 

新しい言語なので、文法が直感的でシンプルなのがメリット

 

2016年にはオープンソース化されています。

 

オープンソースとは、公開されたソースコード(プログラム)のこと。誰でも無償で使えるソフトウェア(プログラム)が公開されています(制約あり)。

 

新しい言語なので、本屋さんでプログラミング言語の棚を見ると、他の言語に比べて、Swiftに関する書籍はとても少ないです。

 

少し不安になりましたが、プログラミング言語としての情報は十分あるので、学習するのには問題ないそうです。

 

注意点は、今のところWindowsでは作業できないため、Macのマシンが必須です。

 

たまたまWindowsマシンが壊れて、MacMacBook Air)に買い換えたので作業環境もばっちり。

 

www.apple.com

 

ちなみにSwift のマークの赤い鳥はアマツバメと言うツバメだそうです。

 

赤い鳥っていうと火の鳥⁈って思う世代です(笑)違う鳥でした。

 

速くてスマートそうなイメージに合ってますよね。

 

子供でもトライできる Swift 学習用アプリ『Swift Playgrounds 』

www.apple.com

 手始めに、無料のSwift学習用アプリSwift Playgrounds にトライ♪ 

 

Swift Playgroundsは、Appleが提供するSwift学習用のアプリケーションです。

 

iPadMacのコンピュータで利用することができます。

 

アプリケーションは3つのセクションに分かれています。

 

【コードを学ぼう】

「コードを学ぼう」では、本格的なコードを可愛いキャラクターを動かして学習していきます。

 

Swift の基本を一通り学ぶことが出来ます。

 

f:id:napan:20201001143615p:plain

これは「コードを学ぼう2」から。

 

アメリカっぽいキャラクターで、動きがミニオンみたい😁

 

コミカルなリアクションにだんだん愛着が湧いてきます。

 

コーディング(コードを書くこと)では、コードの頭文字のキーを押すと、

 

予測変換のように自動的にコードが表示され、

 

クリックするだけでコーディングできるのがとっても便利!

 

いちいちコードを打たなくていいし、スペルミスのエラーを防げるので、初心者にはとてもありがたいです。

 

クリックすると、かっこと閉じかっこがどのペアかも分かりますし、エラーも教えてくれます。

 

なぱんは、今このセクションで学習中です。

 

考えて考えて解けた時の喜びはひとしおですが、初心者なので時間がかかりすぎる時もあります。

 

自分で制限時間を設けて、解けない時はこちらのサイトを参考にさせていただいています。

 

do-gugan.com

 

Swift Playgroundsは、とても簡単に取り組むことができる反面、もっと説明が欲しいと思うことが多々あります。

 

こちらのサイトで補足して、理解を深めています。

 

【チャレンジ】

基本をマスターしたら【チャレンジ】で、上級の課題に取り組み、さらにステップアップすることが出来ます。

 

チャレンジは次々と追加されていき、豊富なチャレンジが用意されています。

 

トップのデベロッパ(開発者)やパブリッシャー(開発会社)が作った新しい課題のチャンネルに登録して、最新の作品をみることもできるそうです。

 

【テンプレート】

【テンプレート】を使って、オリジナルのコーディングすることができます。

 

一からコーディングを作ることもできるし、テンプレートを応用して新しいコードを書くこともできます。

 

自分が作ったコーディングを共有したり、公開もできます。

 

Swift Playgrounds は本物のコードなので、Xcodeとの間で読み込みや書き出しもできるので、さらなる展開も可能だそうです。

 

Xcodeとは、プログラミング言語のSwiftをコーディングする開発ツールのこと。

 

Swift Playgroundsはロボットや、楽器、ドローンなど様々なデバイスと接続することもできます。

 

Swift Playgroundsでそんなことまでできると知ってワクワクしています。

 

Swiftを習得したら、目的に応じて活用できると思うと、夢が広がりますよね♪

 

まとめ

 

① iPhoneアプリ開発のために学習するプログラミング言語は、Swift(スウィフト)。

 

② Swiftでプログラミングするためには、Appleのコンピュータが必要。

 

③ Swift 学習用アプリSwift Playgrounds(iPadMac)で学習を始める。

 

③ Swift Playgroundsは本物のコードを使って、可愛いキャラクターを動かしながら謎解き感覚で、Swiftの基礎を習得することができるとても楽しいアプリ。

 

④ Swift PlaygroundsのPlaygroundsは遊び場のこと。様々なSwiftの遊び場が用意されていて、ステップアップしていくことができる。

 

⑤ Swift Playgroundsでは業界トップのデベロッパ(開発者)のコーディングを見たり、自分で作ったコーデイングを仲間と共有したり、世界に公開したりできる。様々なデバイスと接続して、動かすこともできる。

 

どうでしょうか?

 

なぱんは、いきなりSwift Playgroundsを始めてしまったので、詳しい中身については知りませんでしたw

 

今回改めてまとめてみて、とても素晴らしいアプリだと感心しています。

 

Mac環境のある方は、お子さんと一緒にゲーム感覚でやってみるのもよさそうですね♫

 

うちの場合は、次女はプログラミングには興味がないようで、

 

長女はもっとやさしいプログラミング学習ができるサイトHour of Codeのサイトで遊んでいます。

 

母は、Swift Playgroundsで✨プログラミングの世界を実際に体感しながら、楽しんで学習したいと思います😊

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ アラフィフ女性日記へにほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 広汎性発達障害へにほんブログ村